individual house

雷の影響力は強い

雷害の種類をみてみたい

雷の被害は、直接機械の設備に入る物電気の設備に入る物や、または、雷の電流が直接建物のなかに入り込み絶縁破壊をおこすものなどがあります。この雷によって、建物本体や電気設備に大きな被害を及ぼすことがあります。例えば、マンションの電気の配線に入り込んだ場合など建物の内側に這っているでんせんを伝い火災を引き起こすなどがあります。または、使っている家電類、コンセントに繋がっている物が壊れるなどの被害が考えられます。この被害を抑えるために避雷針設備をマンションなどある一定の高さを持つ建造物には取り付けなければいけないのです。避雷針設備を取り付けても絶対安心ではないのです。雷の被害を最小限食い止める、ための避雷針設備になります。高い山の建物などにも自主的に避雷針設備をつける場合なども被害抑制につながります。

避雷針のしくみはどうなっているのだろう

電気設備には雷から守る避雷設備がそなわっていて、では何を守るためなのかというと、建物や住人はもちろん建物の設備などです。この避雷設備一式のことが避雷針設備と呼ばれています。この仕組みは、まず雷を受ける受電部その雷を流すための電線、その電線を通し雷をアースつまり大地に流すという仕組みになります。避雷針設備の一箇所に漏れがあると被害を受けてしまうのは仕組みをわかると理解できるとおもいます。そして、重要になってくることは避雷針設備は雷を避けるために設置するのではなく、雷の被害を避けるために設置するということです。マンションなどには大体避雷針設備がついているため、このマンションよりも低層にある住宅などは雷の被害からある程度守られることになります。